川野、藤崎が待望の1着 ボート王国九州山口!

予選上位通過を目指す川野芽唯
予選上位通過を目指す川野芽唯
写真を見る
写真を見る

 3日目は福岡勢が四つの勝ち星を挙げる大活躍を演じた。川野芽唯、藤崎小百合が待望の今節白星をゲット。小池礼乃は2日目からの連勝ゴールを決め、最終12Rでは大山千広も今節2勝目をマークした。

 2日目までの3走で全て3着だった川野は「やっと抜け出せた~」と安堵(あんど)の表情。「上とは差があるが、ペラが合っていなかったから合えば足も良くなるはず」。4日目は好枠の2走。大幅な得点率アップをもくろみ、入念にペラ調整と試運転を繰り返した。

 藤崎は安定した航跡で得点率3位に付けている。3日目はリングを交換し「上積みはできている」と、機力アップにも成功。「伸びは少し弱いけど、ペラがそんな形。伸びが付くように叩いてみます」。もちろんこれは残す4、5枠での2走を考えてのこと。準優の好枠を確保するために、できる限りの準備をする。

 小池はヤマ場の後半6枠を3着で「何とかしのげました」と、満面の笑み。安定板が付いても、出足を中心に好気配をキープしている。大山は前半5Rの大敗を、後半の1着ですぐに挽回した。小池と大山はともに、残しているのは1枠の1走のみ。きっちりポイントを上積みして、予選上位通過を狙う。

 DR組の小野生奈と1枠を残す津田裕絵は、予選突破へ一走入魂。3、5枠の2走の深川麻奈美も「3、5コースは嫌いじゃないし、上積みはできているから望みはある」と、まだまだ諦めてはいない。想定ボーダーを上回るには、小野と津田が1着、深川は連勝が必要になる。厳しい条件を乗り越えて、郷土勢が大挙、準優に乗り込む。 (井上)

=2018/03/09付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]