“大型新人”参戦で熱戦期待 「第19回マスターズチャンピオン」福岡ボートで17日開幕 PR隊が本社来訪

マスターズチャンピオンのPRで本社を訪れた日高逸子
マスターズチャンピオンのPRで本社を訪れた日高逸子
写真を見る

 福岡ボートで17日から開催するプレミアムG1「第19回マスターズチャンピオン」(22日まで)のPR隊が13日、福岡市天神の西日本スポーツを訪れた。一行は福岡市ボートレース事業部・木下和彦事業部長、西田孝男広報宣伝係長に、出場選手を代表して日高逸子も同行。

 同大会は、マスター世代のトップレーサーを対象にしたシニアチャンピオンを決める決定戦。これまで48歳以上だった出場資格が今回から45歳以上に引き下げられたことで、SG常連の“大型新人”選手が続々参戦。SG12冠の王者・松井繁をはじめ、太田和美、田中信一郎、吉川元浩らが加わり、熱戦が期待される。

 木下部長は「SGタイトル保持者が20人。新生マスターズをお楽しみください」と呼びかけた。売上目標額は54億円。

 福岡支部からは8人が出場。その中の一人、日高は「調子はまずまず。厳しいレースになると思うので、いいエンジンを引いて結果を出したい」と意気込んだ。初日のドリーム戦は(1)吉川元浩(2)田中信一郎(3)前本泰和(4)松井繁(5)江口晃生(6)今村豊が出場予定(丸数字は枠番)。

 開催中は、ホリのものまねライブ(18日)、由美かおるのトークショー(21日)、Mr.マリックの超魔術ショー(22日)などのイベントが行われる。また準優、優勝戦日は、若手人気ボートレーサーの仲谷颯仁と、羽野直也のトークショーが行われる。電投会員向けには、節間1万円以上の購入でもれなく500円分のクオカードがプレゼントされ、さらに購入金額によって総額500万円が当たるプレミアムキャンペーンが実施される。

=2018/04/14付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]