初日DR戦は吉川元が逃げる マスターズC 【福岡】

 福岡ボートのプレミアムG1「第19回マスターズチャンピオン」(優勝賞金1000万円)が17日、熱戦の幕を開ける。今年から出場資格が48歳以上から45歳以上へ変更。SGタイトルホルダーが20人と、豪華かつ“濃い”メンバー構成となった。注目のエンジン抽選は、ダブルエースの67号機を今村暢孝、71号機を石川真二が獲得。前検の手応えこそ平凡だったが、仕上がれば“噴き出る”ロケット機だけに、調整手腕に注目が集まる。その他では上位機を手にした橋本久和、野添貴裕、渡辺英児が好感触。西島義則や山崎義明、吉田一郎も好戦歴機だけに、期待したい。初日メイン12Rドリームは、1枠吉川元浩のイン逃げを本命視した。

=2018/04/17付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]