田中がトップ通過 マスターズC 【福岡】

 福岡ボートのプレミアムG1「第19回マスターズチャンピオン」は21日、ファイナル進出を懸けて準優3番を争う。準優1枠を巡る争いは最後の最後まで大混戦。得点率トップは田中信一郎と今村豊が同率で並び、上位着順差で田中が1位通過。前回覇者の今村豊は2位。予選ラストを1着で締めくくった渡辺英児が3位に浮上。前日まで首位だった野添貴裕は、6枠を克服できず5着に敗れ、4位に後退した。最終的な準優ボーダーの5・83には角谷健吾と吉川元浩が並び、上位着順差で角谷が最後のイスを獲得。選出順位1位の吉川は次点に泣いた。

=2018/04/21付 西日本スポーツ=

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]