前本がトップ通過 開設記念 【宮島】

 宮島ボートのG1開設64周年記念「宮島チャンピオンカップ」(優勝賞金900万円)は14日、ファイナル進出を懸けて準優勝戦を行う。地元の前本泰和が予選ラストのイン戦をきっちり逃げて、逆転でトップ通過。最多の4勝を挙げた赤岩善生が2位。オール3連対を守った篠崎元志が3位に入り、それぞれ準優1枠を獲得した。最終的な準優ボーダーは5・67。ボーダー上には船岡洋一郎、毒島誠、菊地孝平の3人が並び、上位着順差で船岡が18番目のイスを手にした。下位からは森高一真、大池佑来、茅原悠紀、船岡が勝負駆けを決めた。

=2018/05/14付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]