赤岩6年ぶりG1Vだ 宮島CC

 宮島ボートのG1開設64周年記念「宮島チャンピオンカップ」は15日、準優を勝ち上がった6人が、優勝賞金900万円を懸けてファイナルを戦う。準優1枠トリオですっきりと逃げて勝ち上がったのは、11Rの赤岩善生だけ。10Rは辻栄蔵が差し切り、篠崎元志は2着。12Rはシリーズリーダー・前本泰和が、峰竜太のまくり差しに屈した。この結果、V戦1枠は赤岩が獲得した。機力の仕上がりは万全で、最後もインから堂々と押し切って、2012年の蒲郡周年以来、約6年ぶり6度目のG1Vを達成する。

=2018/05/15付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]