峰 無キズ4連勝トップ 競帝王決定戦 【下関】

 下関ボートのG1開設64周年記念「競帝王決定戦」は12日、準優進出を懸けた予選ラストの攻防を迎える(予選は11Rまで)。3日目6枠で1着の峰竜太が、2日目ドリームを含めて4連勝。完全Vも視野に、戦線をリードする。この日連勝の三井所尊春がオール2連対で続き、佐賀勢が上位を独占。準優ボーダーを6点と想定すると、峰と三井所に金子拓也、青木玄太を加えた4人が無事故完走で当確。3日目現在のボーダー上には9人が並び、予選突破を巡る争いは大混戦。松井繁や中島孝平らが、勝負駆けに挑む。寺田祥が負傷のため帰郷。

=2018/06/12付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]