峯が王道Vへ逃げる 開設記念 【下関】

 下関ボートのG1開設64周年記念「競帝王決定戦」(優勝賞金900万)は14日、いよいよ最終日。準優を勝ち上がった6人が頂点を狙い優勝戦を争う。5日目の準優3番は、9Rで山崎智也が2着、10Rは中田竜太が5着と1枠が敗れる波乱。不穏な空気が漂う中、11Rの峰竜太だけがきっちり逃げ切った。予選トップ通過の峰が、ファイナル1枠を手中に収めた。本命はもちろん峰。予選トップ通過からの王道Vで、通算7回目のG1Vを飾る。

=2018/06/14付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]