羽野が(1)(3)発進今度こそ上位通過だ ボート王国九州山口!

若い羽野直也(中央)は雑用にもせっせと奔走。左は3着発進の小野生奈
若い羽野直也(中央)は雑用にもせっせと奔走。左は3着発進の小野生奈
写真を見る
写真を見る

 大会の成功に地元勢の活躍は欠かせない。初日の序盤1~4Rを任された福岡勢は、目玉イベントのオープニングセレモニーの盛り上がりを受け継ぐように水面で躍動。続々と舟券に絡んで、ファンに貢献した。

 大会開幕戦の1Rを飾ったのが福岡が生んだニュースター、昨年の最優秀新人の羽野直也だ。3コースからまくって先制すると、素性抜群機の田村隆信の差しを退けて白星。後半6Rは的確な最内差しで3着に入った。「走り慣れたレース場なので、しっかりレースができている」と地元の優位性も生きた。確かな手応えは舟足も同様で「伸びはしっかりしている」。

 羽野は5月の尼崎オールスターも初日に6、4枠で(2)(1)。予選中盤までは準優1枠が視界に入るだけの活躍だった。今回も3、5枠で(1)(3)なら上々の船出。今度こそ上位通過を果たす。

 2、3Rは西山貴浩、小野生奈が3着で舟券に貢献し、4Rは羽野の良きライバル・仲谷颯仁が2着で続き、福岡支部のバトンをつないだ。ただ仲谷は「試運転でも先輩たちに同じようにやられる。出ていない」と低調で、後半は5着に敗退。それでも「足を思えばよくしのげた」と機力以上の踏ん張りには及第点。「大きな整備も考えないと足の上積みは厳しいかもしれないが、まずは2日目を走ってから。気合で頑張ります」。最若手でも気後れは全くなし。若松区出身の生粋の地元っ子が、地元の声援を力に代える。

 他支部勢も、全支部が舟券絡みに成功と強豪地区の面目躍如。トリを締めたのが白井英治で「あとは微調整ぐらい」。今回も仕上がりは早く、グラチャンに続くSG連続Vへと間違いなく接近した。 (深堀)

=2018/07/12付 西日本スポーツ=

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]