上野逃げ会心V からつ・ルーキーS

地元2回目のVにピースサインの上野真之介
地元2回目のVにピースサインの上野真之介
写真を見る

 からつボートのルーキーシリーズ第16戦「スカパー!・第17回JLC杯」は最終日の14日、12Rで優勝戦を行い、地元の1号艇・上野真之介(30)=佐賀=が圧倒的な人気に応えて逃げ快勝。デビュー初Vを飾った2010年7月以来のからつ2回目、通算では11回目のVとなった。2着は6号艇の竹井貴史(27)=福岡、3着は2号艇の上條暢嵩(24)=大阪=が入り、3連単は万舟決着となった。6日間の売上額は12億円余りだった。

■ヒーロー

 今節の地元エースがシリーズの役目を全うした。V戦ポールポジションの上野真之介が、他を寄せ付けない完璧なイン速攻。「デビューしてもう10年走っていますから」と中ヘコミのスリット隊形にも慌てず騒がず、後輩たちを置き去りにした。

 タッグを組んだ53号機の2連対率はたったの7%だが「自分が一番試運転をする」と前検日から気合パンパンだった。優勝戦後は「エンジンの良さは全部引き出せた感じ。(5人と比較しても)中堅以上はあったと思う」。機力面も非の打ちどころがないほどに仕上がっていた。

 今年は5月のびわこG2MB大賞優出(2着)、7月の宮島一般戦で準完全V、同月の尼崎周年優出(3着)など、まさに絶好調だ。「人生のピークです」と自虐的だが「記念で活躍しないと誰も認めてくれない。なので2年前から、SGオーシャンカップに出ることが目標」。SGカッパを手に入れるために、今後も特別戦での活躍を誓う。

 次は休む間もなく、16日開幕の芦屋一般戦に追加参戦する。「年末のSGグランプリシリーズ出場が狙える位置にもいますから」。高みを目指してひたむきに走り続ける。 (荒木)

=2018/09/15付 西日本スポーツ=

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]