初日DRは峰VS菊地 ダイヤモンドカップ 【からつ】

初日ドリームの1号艇は地元の峰竜太
初日ドリームの1号艇は地元の峰竜太
写真を見る

 からつボートの今年4回目の特別戦、G1「ダイヤモンドカップ」が10日、熱戦の火ぶたを切る。年末のSGグランプリ戦士が6人参戦しており、ダブルドリーム(DR)が組まれる。初日12R「ドリーム1st」組では、前節V機の菊地孝平の出足が軽快。茅原悠紀や湯川浩司も出足型の足色に納得の表情だ。一方で、1枠の峰竜太は新ペラ交換に整備と慌ただしい前検日になった。2日目DR組では辻栄蔵と山田康二が好気配だ。予選組では、深谷知博がエース12号機を獲得。その他、前検一番時計の福来剛に、好感触だった三井所尊春、江夏満、河村了、河合佑樹、木下翔太らにも注目したい。

=2018/12/10付 西日本スポーツ=

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]