1億円を手にするのは誰だ!? SG第33回グランプリ 住之江ボートで19日開幕

第33回グランプリをPRする住之江ボートの番組ナビゲーター日乃陽菜美さん
第33回グランプリをPRする住之江ボートの番組ナビゲーター日乃陽菜美さん
写真を見る

■PR隊本社来訪

 優勝賞金1億円を手にするのは誰だ!? 住之江ボート(大阪市)で19日に開幕するSG第33回グランプリ(GP、24日まで)のPR隊(大阪府都市競艇企業団・河野淳一事務局長ら4人)が14日、福岡市・天神の西日本スポーツを訪れ「ボートレース界最高峰のレース・グランプリを本場や、お近くのボートレース場などで楽しんでください」と呼び掛けた。売上目標額は155億円。

 同大会は、今年1月から11月までの獲得賞金上位者が出場。毒島誠、峰竜太、白井英治、石野貴之ら賞金上位18人によるGPと、瓜生正義ら同19~60位の42人が出場するGPシリーズのSG2本立てで行われる。

 PR隊には、大阪などで現在放送中の「ボートの時間」で番組ナビゲーターを務める日乃陽菜美(ひの・ひなみ)さんが同行。日乃さんは「選手が目標とするグランプリがいよいよ始まります。今年一番の熱い戦いを一緒に応援しましょう」とPR。併せて「16日は岡崎恭裕選手の壮行会や、大会PRのため福岡ボートでイベントを行います。私も来場するのでぜひ遊びに来てください」と呼び掛けた。

 開催期間中は、グランプリ公式応援団の氣志團(22日)や、タレントの坂上忍(23日)ら豪華ゲストが本場に登場。遠方のファン向けにはグランプリ電投キャンペーンや、4K対応液晶テレビなど豪華賞品が当たるオープン懸賞も行われる。詳しくは住之江ボートのホームページから。

=2018/12/15付 西日本スポーツ=

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]