峰が初のMVP ボート18年優秀選手

 日本モーターボート競走会は7日、2018年優秀選手を発表した。

 最優秀選手は、昨年末のGPを優勝するなど年間を通して優秀な成績を残した峰竜太(佐賀)が初の受賞。峰は、最多賞金獲得選手(2億292万4000円)も初めて手にしたほか、4年連続4回目となる最高勝率選手(8・25)、記者大賞(初)にも選ばれて計4冠。最優秀新人選手には福岡支部の大山千広が選ばれた。表彰式は2月7日に東京都内のホテルで行われる。他の表彰者は次の通り。

 最多勝利=田頭実(福岡、111勝)2回目▽優秀女子=小野生奈(福岡、SG6競走に出場し、女子獲得賞金1位など)初▽特別賞=毒島誠(群馬、SG2Vで獲得賞金2位など)初、松本晶恵(群馬、クイーンズクライマックスV、女子の中で賞金獲得2位など)初。

=2019/01/08付 西日本スポーツ=

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]