本多にエース42号機 開設66周年記念 【芦屋】

 芦屋ボートのG1開設66周年記念「全日本王座決定戦」(優勝賞金900万円)が15日、開幕する。初日ドリーム組は、毒島誠が近況絶好調の39号機に手応え十分。地元エースの瓜生正義は中堅機だが及第点。一方、篠崎仁志は機2連対率40%超えの実績機だが気配はひと息。整備を視野に底上げを狙う。64、65周年に続く3連覇を狙う峰竜太や、前検一番時計をマークした岡崎恭裕と須藤博倫が抜群の手応え。前回V機の永井源、伸びが強力な稲田浩二や関浩哉も好ムードだ。エース42号機の本多宏和、SGチャレンジカップVの44号機を手にした市橋卓士も楽しみが大きい。

=2019/01/15付 西日本スポーツ=

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]