池田浩二がDR戦イン逃げ快勝 開設63周年記念 【蒲郡】

 蒲郡ボートのG1開設63周年記念「オールジャパン竹島特別」が19日、幕を開けた。初日メインのドリームは、池田浩二がイン逃げ快勝。仕上がりには不満を残すが、しっかりと人気に応えてみせた。2着の井口佳典と3着の桐生順平も、まだまだ調整途上。機力面では、着外の白井英治の方が目立った。巻き返しは十分に期待ができる。予選組では、赤岩善生と磯部誠の地元勢が(1)(3)の好発進。前検から好感触の坪井康晴や今垣光太郎も好ムード。その今垣を6枠で破った松崎祐太郎や、福島勇樹、近江翔吾、上野真之介らの動きも光った。石野貴之が公傷のため帰郷した。

=2019/01/20付 西日本スポーツ=

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]