地元の池田浩二が唯一オール2連対 開設63周年 【蒲郡】

 蒲郡ボートのG1開設63周年記念「オールジャパン竹島特別」は21日、予選折り返しの3日目を迎える。ドリーム男・池田浩二が、唯一のオール2連対でV戦線をリード。追走するのは磯部誠。ともに仕上がりは不満でも、走り慣れた地元水面で大暴れしている。2日目は1回走りの松崎祐太郎と湯川浩司が、初日後半から連勝を記録。松井繁や中嶋健一郎、椎名豊、G1初参戦の宮之原輝紀が、この日2走2連対でポイントを加算。機力面ではダブルエース機の今垣光太郎と坪井康晴に、急上昇機の湯川が3強を形成。近江翔吾や山崎智也も好ムード。

=2019/01/21付 西日本スポーツ=

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]