植木氏リーダーシップ論熱弁 北九州港振興協会主催のセミナーで講演

講師を務めた植木通彦氏
講師を務めた植木通彦氏
写真を見る

 北九州市スポーツ大使でボートレースアンバサダーの植木通彦氏が21日、北九州市のKMMビルで北九州港振興協会主催の港湾セミナーに出席。「リーダーシップの重要性~トップレーサーを育てて~」というテーマで講演した。

 セミナーには約90人が出席。植木氏は現役時代に顔を75針も縫う大ケガから復帰し「不死鳥」と呼ばれたことや、公営競技史上初の年間獲得賞金2億円超えを果たし「艇王」と称されたこと、引退後にやまと学校(現ボートレーサー養成所)の校長として後進の育成にあたった経験などを元に熱弁を振るった。

 現在は初代ボートレースアンバサダーとして、テレビやラジオ出演でボートレースのイメージアップや普及活動を行う植木氏。「こういう講演を行ったのは初めて。これからもいろいろなことを多くの人に伝えていければ」と話した。

=2019/01/22付 西日本スポーツ=

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]