【クローズアップ】池永自信満々のS勝負

「結果を残したい」と、気合が入る池永太
「結果を残したい」と、気合が入る池永太
写真を見る

 好調には確かな裏付けがある。3走を2勝、2着1本にまとめる池永太(33)=福岡=は、成績だけでなくSもキレキレ。当地を走るのは、今節が今期(昨年11月~)だけで4節目。「どれだけ走っていると思うんですか。S勘はバッチリですよ」と自信満々だ。

 機力も「伸びや掛かりはいい。1月周年のときは直線でずり下がってましたからね。それに比べれば別物ですよ」と十分に手応えを得ている。「欲の部分で出足のグッと押す感じがもう少し欲しい」だけに、勝負どころと位置づけていた2日目の2枠は、「Sでプレッシャーをかけて差す」というプラン通りのレースで1着。力強いガッツポーズが飛び出した。

 2015年三国でのG1初Vから、3年5カ月が経過。「G1で活躍できていなかったから、そろそろ結果を残したい」と期する思いは強い。3日目の出番を確認し「どこからでもSは行ける。深川さんの前付けに抵抗しても面白いかな。また作戦を考えます」。進入から闘志をみなぎらせ、猛烈なスリット攻勢を仕掛ける。 (井上)

=2019/02/11付 西日本スポーツ=

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]