【クローズアップ】大上 記念V引っ提げSGへ

SGデビューが内定の大上卓人
SGデビューが内定の大上卓人
写真を見る

 ステップアップのときがきた。大上卓人(28)=広島=は、昨年5Vと躍進し、3月の戸田クラシックは予備1位。ただ、15日の四国地区選で優勝した河野大はF休みでクラシックに出場できないため、大上の繰り上がりはもう内定の状態。「ずっと走りたいと思っていた」と話すSGデビューを心待ちにする。

 昨年の活躍には自身も手応え。「成績を残せたから、精神的に成長はできたのかも」。その一方で「足りないことも痛感させられた」と、さらに上のレベルも分かるようになった。その一つが調整方法。「手前を重視していたが、記念では伸びも重要だと思い知らされた」とトップレーサーとの差を埋める方策も手に入れようとしている。

 今節手にした14号機は「伸びると聞いていたけど、回り足の方が良さそう」と、伸びへの期待感があっただけにやや不満げ。「ペラを見てからだけど、伸びに寄せることも試してみるかも」。実感したしたばかりの理論「伸びも重要」を試すには格好の機会だ。

 クラシックの出場は内定したが、SGはオーシャンカップの勝負駆け中でもある。「あと2回ぐらいはG1で優出しないと。それに、もっと結果を残してクラシックに行きたい」。初のSGに堂々と乗り込むためにも、G1タイトルゲットに燃える。 (井上)

=2019/02/17付 西日本スポーツ=

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]