【クローズアップ】原田篤そろそろペースアップ!

今節、存在感を発揮しそうな原田篤志
今節、存在感を発揮しそうな原田篤志
写真を見る

 大村で「原田」と言えば幸哉だろうが、今節はもう一人の原田、「篤志」が存在感を示しそうなムード。

 今年は1月の児島で優勝と滑り出しは上々だが「1、2月は悪くなかったけど、3月はいいエンジンを引けなくて…」と、近況はやや低調気味とのこと。しかし、4月に入ると地元下関のG1開設記念も控えており、そろそろ調子を上げる必要がある。「そうですね。今節は弾みを付けるためにも頑張りたい」。G1では4回の優出があるものの、優勝はまだない。得意の下関での戴冠へここでペースアップだ。

 大村は新エンジン5節目で、下関は3節目。「新エンジンに換わって、調整もちょっと違うように思うし、その意味でも今節は大事になると思います」。

 手にした68号機は2節前に後藤翔之が優勝したエンジンで素性的には楽しみがありそう。「伸びていくことはなかった。でも乗り心地がすごくいいし、力強さもある」と、前検はある程度の手応えをつかんだ様子。

 しかも、「ペラが自分と全く違う形だから、勉強になります。これを自分のものにできれば…」と、新しい引き出し作りに専念。まずは、初日にどういう走りを見せるか、注目だ。

=2019/03/26付 西日本スポーツ=

九州のレース情報は西スポ

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]