【別府ゴルフ倶楽部】1930年開場 九州2番目の歴史持つ名門で「全英気分」

広々としたフェアウエーに向かってティーショットを放つアウト9番
広々としたフェアウエーに向かってティーショットを放つアウト9番
写真を見る
遠く四国まで見渡せる14番グリーン。この日の強い風がピンを曲げ、フラッグをなびかせる。
遠く四国まで見渡せる14番グリーン。この日の強い風がピンを曲げ、フラッグをなびかせる。
写真を見る
工藤高広副支配人
工藤高広副支配人
写真を見る
別府と言えば、鶏の天ぷら
別府と言えば、鶏の天ぷら
写真を見る
石焼きホルモン定食
石焼きホルモン定食
写真を見る

 2019年最初のゴルフ特集は九州で2番目に長い歴史を持つ大分県杵築市の別府ゴルフ倶楽部(GC)を取り上げます。1930(昭和5)年に開場。別府郊外の広大な高原に人の手だけを使って造られた。設計者の一人がスコットランドの風景を重ねつつ、ランドスケープを生かして完成した名門コース。当日は低い気温と強い風に悩まされながら、ゴルフの母国スコットランドでのプレーを思い浮かべながら、挑戦した。


西スポ×GDOタイアップ特別プランやご要望に応じたゴルフ場を紹介!

インターネット予約はこちら

【別府ゴルフ倶楽部】予約カレンダー

お電話でのご予約はこちら

0570-097-562

憧れのスコットランド!?標高500メートルの丘陵コース


 全英オープンに挑む気分をほんの少しだけ味わった。そんな気分だ。強い風に冷たい空気。ゴルフ発祥の地、スコットランドのリンクスでプレーしている。そう思っていると気持ちも高揚してきた。「ジ・オープン」のテレビ中継、CMに入る直前の音楽が響く、気がする。

 14番、569ヤードのロング、ピンまで残り230ヤード。風は強いフォローだ。グリーンの先はまったく見えない。遠く別府湾と空が混じる。どこまでも飛びそうな怖ささえ感じながら、ユーティリティーで放った低いライナーはグリーン奥へ。後で確認すると247ヤード飛んでいた。結局、トリプルボギー。やはり風の計算を間違った。

 設計者は、この高原にスコットランドの風景を重ねたという。1922年、日本で初のゴルフ雑誌を刊行した伊藤長蔵氏。日本初のプロゴルファー、福井覚治氏と共同で別府GCの設計に携わった。日本ゴルフ協会の資料では、25年に英国に渡り、ゴルフの技術書まで出版している。その伊藤氏は32年に歴史をスタートさせる広野ゴルフ倶楽部(兵庫県)で、設計者C・H・アリソン氏の下、現場造成責任者として腕をふるうなど、日本ゴルフ界の礎を築いた一人だ。

 ススキの揺れるコースにリンクスの面影を感じつつ、プレーを続けた。工事機材などなかった時代に人の力だけで造り上げたコース。フェアウエーは広いが、アンジュレーションは自然のままだ。9番ミドルホールのティーショット。雄大なフェアウエーが気分を上げてくれる。左から右の強い風を受けながら、何とかボギーで上がった。終わってみれば、痛恨の100。冷たく強い風に完敗した。

 標高500メートルの丘陵コース。ゴルフが自然の中で、自分自身と戦っていることをあらためて思い知った。ゴルフというスポーツの、日本での創成期から歴史を重ねる別府GC。春夏秋冬、それぞれの季節で挑戦したい! そう思いながらコースを後にした。

別府GC「会員権補充募集」キャンペーン

 正会員(1名記名式・個人または法人)。現会員の紹介、女性(個人)、49歳以下(同)の場合、通常35万円(税別)の募集金額が30万円(同)になる。年会費は1万8000円(同)。期間は2019年3月31日まで。詳細はホームページに掲載。問い合わせはゴルフ場まで。

工藤高広副支配人(51) 談

 ゴルフと温泉を楽しんでいただける九州では2番目に古いゴルフコースです。眼下に別府湾が広がる「鶴見」の14番グリーン。晴れた日ははるか豊後水道、四国・愛媛まで見渡せます。自然をそのまま生かした「鶴見」は広く雄大なフェアウエーが特徴ですが、アンジュレーションがあります。九重連山、耶馬渓谷の山々を望む「由布」はダイナミックな景観が魅力。それぞれ表情の違う36ホールで皆さまをお迎えします。1泊2プレーでも十分に楽しんでいただけます。ぜひ一度、お越しください。

グルメ

 大分・別府の名物と言えば、鶏の天ぷら。「鶏天定食」(税別1300円)はレストランの人気ナンバーワンです! ボリュームもたっぷりでランチにはもってこいの一品。その名物と人気を二分するのが「石釜焼ホルモン」(同1400円)だ。熱した石釜でホルモンを焼き、お好みでたれをかけていただく。甘辛いたれでごはんが進むこと間違いなし!

開場

 1930(昭和5)年8月4日。九州で現存するコースでは長崎・雲仙ゴルフ場に次いで2番目に古いコース。標高500メートルの高原を自然のまま生かして建設された。ベントの1グリーン

所在地

 大分県杵築市山香町久木野尾1753の4

アクセス

 福岡市中心部から九州自動車道経由で約1時間30分。北九州市中心部からは東九州自動車道経由で約1時間10分。東九州自動車道の速見ICで降り、約1分でコースの玄関。大分・別府方面からは国道10号線を宇佐市に向かい、関の江海水浴場を過ぎ豊後豊岡駅手前、小浦交差点(Hotel&Resorts BEPPUWAN前)を左折し案内に従いコースへ

電話番号

 0977(44)6002


=2019/02/08付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]