【進め!ギラヴァンツ北九州】池元選手が2得点の活躍 鳥取に2-0 控えGK高橋選手奮闘

2点目のゴールを決めて喜ぶFW池元友樹選手(左から2人目)らギラヴァンツの選手たち
2点目のゴールを決めて喜ぶFW池元友樹選手(左から2人目)らギラヴァンツの選手たち
写真を見る

 サッカーJ3のギラヴァンツ北九州は14日、ミクニワールドスタジアム北九州(小倉北区)でガイナーレ鳥取と対戦し、2-0で勝った。前節まで全試合に出場したGK山岸範宏選手(38)をけがで欠く中、相手にゴールを許さず、FW池元友樹選手(32)が2得点の活躍を見せた。

 1点目は前半21分、MF井上翔太選手(28)から中央でボールを受けた池元選手がドリブルで攻め上がり、左足を振り抜いた。2点目は後半13分、MF茂平選手(24)のパスを井上選手がつなぎ、ゴール目前で受けた池元選手が再び決めた。

 GKは今季初先発となった高橋拓也選手(27)。積極的に前に出るプレースタイルでチームに勝利を呼び込んだ高橋選手は「思ったより緊張しなかった。『練習してきたことを出そう』と臨んだ」と振り返った。

 原田武男監督は試合後「控えも含め、選手たちが強い気持ちで戦ってくれた。改善点もあるが、この勝ちは大きい」とたたえた。

 ギラヴァンツは通算成績を3勝2分け2敗、勝ち点を11とし、順位を11位から8位に上げた。次節は21日、静岡県藤枝市の藤枝総合運動公園サッカー場で藤枝MYFCと対戦する。


=2017/05/15付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]