J3ギラヴァンツ北九州の玉井新社長会見「市と一体感を」 森下監督の就任発表

会見で就任あいさつをするJ3北九州の玉井新社長
会見で就任あいさつをするJ3北九州の玉井新社長
写真を見る

 J3北九州は25日、北九州市内で元西日本新聞社北九州本社代表の玉井行人氏(60)の社長就任会見を開くとともに、来季から元J2金沢監督の森下仁之(ひとし)氏(50)が指揮を執ると発表した。玉井氏は同日の臨時株主総会、取締役会で社長に選任され、来年1月1日付で就任する。北九州は今季、J3で首位と勝ち点15差の9位だった一方、主催試合の観客動員は1試合平均5939人でトップ。

 玉井氏は「to the next stage~この北九州(まち)とともに」をスローガンに来季のJ2昇格や同7000人動員を掲げ、「全員攻撃・全員守備のサッカーを目指し、選手もまちに出て人々と触れ合う機会を増やしたい」と意気込みを示した。

 また、森下氏について、玉井氏は「金沢をJ2に昇格させた実績を持ち、力をお借りしたい」と述べた。来季のチームづくりについては年明けに予定する監督就任会見で明らかにするという。

=2017/12/26付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]