J3北九州、街頭でホーム戦PR 小倉駅前のビジョンなど 選手が来場呼び掛け

ギラヴァンツ北九州の選手が試合への来場を呼び掛ける小倉駅前の街頭ビジョン
ギラヴァンツ北九州の選手が試合への来場を呼び掛ける小倉駅前の街頭ビジョン
写真を見る

 ギラヴァンツ北九州は17日、北九州市中心部の街頭ビジョンなどを活用して、ホームゲームの開催を告知する取り組みを始めた。JR小倉駅前の街頭ビジョンでは1時間に1回、選手たちが映し出され、20日のガンバ大阪U-23戦への来場を呼び掛けた。

 地域密着で応援の裾野を広げる活動の一環で、今回は19日まで続ける。駅前ビジョンでは午前8時~午後8時の毎時39分から約3分間放映。GKの山岸範宏選手やDFの川上竜選手ら9人が順に「共にスタジアムで戦いましょう」「必ず勝利するので応援よろしく」とお願いした。

 この日は映画館の小倉昭和館(小倉北区)でも、作品の始まる前に駅前ビジョンと同じ映像を上映。北九州モノレール小倉駅と小倉井筒屋(同)、黒崎井筒屋(八幡西区)では、選手が音声アナウンスで応援を呼び掛けたという。

 街頭での告知は今後もホームゲームに合わせ取り組む予定。クラブは「映像を流せる場所を増やし、地域への浸透を深めたい」としている。

=2018/05/18付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]