J3北九州、ミクスタPV ファンため息 富山に敵地で0-3 連敗、最下位に転落

ミクスタでのパブリックビューイングで富山との試合を見守る人たち
ミクスタでのパブリックビューイングで富山との試合を見守る人たち
写真を見る

 ギラヴァンツ北九州は3日、アウェーでカターレ富山に0-3で敗れた。5月20日の試合から2連敗で最下位に転落。ミクニワールドスタジアム北九州(小倉北区、ミクスタ)では、スタジアム開業以来初のパブリックビューイング(PV)があり、約330人が声援を送ったが、期待に応えられなかった。

 試合は前半26分、CKを直接決められ先制を許す。後半29分、42分にもゴールを奪われると、PV会場ではため息が広がった。ギラヴァンツは、先発したFWダヴィ選手が再三ゴールに迫るもオフサイドの判定を下され、審判に詰め寄る場面もあった。

 3日の試合を終え、2勝2分け7敗の勝ち点8。同じ日に、勝ち点7で最下位だったグルージャ盛岡が引き分けたため、勝ち点で並び、得失点差で最下位に。得点は6、失点は20で、得失点差はリーグ最低のマイナス14となった。

 PVではメインスタンド席を一部無料開放し、大型ビジョンで試合観戦。実際のホームゲーム同様、クロスFMのラジオパーソナリティー八木徹氏がMCを務めた。今季は今後もアウェー4試合でPVを実施。24日(福島ユナイテッドFC)、7月15日(YSCC横浜)はJR小倉駅JAM広場で、9月2日(アスルクラロ沼津)はミクスタで、10月13日(SC相模原)はリバーウォーク北九州で予定している。

=2018/06/08付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]