J3北九州の新監督に柱谷哲二氏 闘将が最下位チーム立て直し…兄・幸一氏も13~16年指揮

柱谷哲二新監督
柱谷哲二新監督
写真を見る

 J3で最下位に沈むギラヴァンツ北九州は20日、新監督に元日本代表の柱谷哲二氏(53)が就任したと発表した。24日の福島戦(とうほう・みんなのスタジアム)から指揮を執る。クラブは17日に森下仁之監督を解任。新監督の人選を急いでいた。21日の練習からチームに合流する柱谷氏はクラブを通じ「最下位と苦しんでいますが、サポーターもチームもフロントも一体となれるように、そしてチームの勝利のためにベストを尽くします」とコメントした。

 柱谷氏は2013~16年に北九州を率いた幸一氏の実弟。V川崎(現東京V)などでDFとして活躍した現役時代は、1993年のワールドカップアジア最終予選などで日本代表主将を務め「ドーハの悲劇」を味わった。引退後は当時J1の東京VやJ2水戸の監督などを歴任。今年から就任した岩手・花巻東高のテクニカルアドバイザーは引き続き務める。

 北九州は現在2勝2分け9敗の勝ち点8。4連敗中で開幕からホームで6戦全敗と苦しむ。低迷するチームを現役時代に「闘将」と言われた熱いハートで立て直す。

=2018/06/21付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]