J3北九州の柱谷監督退団

柱谷哲二監督
柱谷哲二監督
写真を見る

 J3ギラヴァンツ北九州は2日、柱谷哲二監督(54)が契約満了により、今季限りで退団すると発表した。クラブサイドは「体制を一新して来季に臨むため」としている。柱谷監督はクラブを通じて「残り5試合全力で戦うのみです」とコメント。12月2日の今季最終戦まで指揮を執る。

 佐野達強化育成本部長(54)と鄭容臺コーチ(40)、八田康介コーチ(36)、高崎理貴GKコーチ(48)も今季限りで退団する。

 柱谷監督は2013~16年に監督として北九州を率いた柱谷幸一氏の弟で、現役時代は主にDFとして日本代表でも活躍。引退後は東京Vや水戸、鳥取などで監督を務めた。北九州では、成績不振で解任された森下仁之前監督に代わって6月20日に就任。これまでの成績は4勝5分け5敗でチームは最下位に低迷、J2昇格の可能性も既に消滅した。 (岩佐遼介)

=2018/11/03付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]