J3北九州の本山、現役続行表明 39歳「自分のプレーを」

自ら主催するイベントで子どもたちとサッカーをするJ3北九州の本山
自ら主催するイベントで子どもたちとサッカーをするJ3北九州の本山
写真を見る

 J3ギラヴァンツ北九州の元日本代表MF本山雅志(39)が30日、来季の現役続行を表明した。今季はけがもあり、9試合に出場して無得点だったが「経験したことを伝えたいし、それ以上に自分のプレーをしたい」と近く北九州との契約を更新して復活を期す。

 北九州は来季に向け、清水など4クラブをJ1へ昇格させた小林伸二氏が監督に就任。本山は「頭をゼロにし、新たな刺激をもらいたい」と1月17日のチーム始動日を待ちわびた。

 27日にはJ1鹿島に同期入団した元日本代表のMF小笠原満男(39)が現役引退を表明。2015年末に本山が鹿島を退団するまで18年間、共にチームを支えた。「ライバルだったけど家族のような存在だった」と惜しむ。30日は福岡県宗像市のグローバルアリーナで行われた「第9回新春初夢若松サッカー大会」に参加し、福岡県内の小学生200人以上と交流した。 (末継智章)

=2018/12/31付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]