J3北九州、2-0で開幕戦3年ぶり勝利

試合終了後、サポーターとハイタッチをする北九州のディサロ
試合終了後、サポーターとハイタッチをする北九州のディサロ
写真を見る

 ◆明治安田生命J3第1節 北九州2-0FC東京U‐23(10日・ミクニワールドスタジアム北九州)

 J3の九州勢が開幕戦を迎え、昨年最下位のギラヴァンツ北九州が2-0でFC東京U-23を破った。昨年、法大を全日本大学選手権優勝に導いて同選手権MVPに輝いたルーキーのディサロ燦シルバーノ(22)が前半10分、先制ゴールを決めた。J2から降格したロアッソ熊本は長野と2-2で引き分けた。

■新加入2人得点

 北九州は開幕戦でJ2時代の2016年以来3年ぶりの勝利を挙げた。前半10分、ルーキーのディサロが、左クロスに頭で合わせ、J初ゴールで先制。「(ゴールの瞬間は)覚えていない。アドレナリンが出まくった」と笑った。後半42分には大分から期限付き移籍した国分が「良い形で飛び込めた」と右クロスに右脚を合わせ、プロ初得点。監督就任初戦を飾った小林監督は「まず勝てたのはよかった」と話す一方で「粘ってボールを奪った後のパスミスなど、イージーミスが多かった」と課題も指摘した。

=2019/03/11付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]