ゴルフ谷口が単独首位を維持 日本プロ日清カップ第2日

 第2日、3番で第2打を放つ谷口徹。通算10アンダーで首位=かねひで喜瀬CC
第2日、3番で第2打を放つ谷口徹。通算10アンダーで首位=かねひで喜瀬CC
写真を見る

 日本プロ選手権日清カップ第2日の12日、49歳の谷口徹が4バーディー、2ボギーの70とスコアを伸ばして通算10アンダー、134で単独首位を守った。2打差の2位に重永亜斗夢、さらに1打差の3位に、66をマークして27位から浮上した宮里優作が続いた。

 国内三大大会全制覇を狙う小平智が通算6アンダーで4位。5位にプラヤド・マークセン(タイ)、6位に池村寛世と任成宰(韓国)がつけた。

 通算2オーバー、52位までの61人が決勝ラウンドに進んだ。70歳の尾崎将司は年齢以下のスコアで回るエージシュートにあと1打の71をマークしたが、通算4オーバーの67位で予選落ち。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]