男子ゴルフ、池田が通算18勝目 ANAオープン最終日

 プレーオフ2ホール目で優勝を決めガッツポーズする池田勇太。生涯獲得賞金が史上最年少で10億円を突破した=札幌GC輪厚
プレーオフ2ホール目で優勝を決めガッツポーズする池田勇太。生涯獲得賞金が史上最年少で10億円を突破した=札幌GC輪厚
写真を見る

 ANAオープン最終日(17日・北海道札幌GC輪厚=7063ヤード、パー72)31歳の池田勇太が通算13アンダーの275で並んだ時松隆光、今平周吾とのプレーオフを制し今季2勝目を挙げた。ツアー通算18勝目。2200万円を加え、生涯獲得賞金が史上最年少で10億円を突破した。

 プレーオフは1ホール目で今平が脱落。2ホール目で池田がバーディーを奪って時松を振り切った。最終ラウンドで池田は71、時松は72、今平は70だった。2打差の4位は小平智。谷原秀人と手嶋多一は5位だった。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]