米男子ゴルフ、松山4打差8位に ハワイで開催、第2日

 第2ラウンド、8番でバーディーパットを決め、ガッツポーズする松山英樹。通算6アンダー=プランテーション・コース(共同)
第2ラウンド、8番でバーディーパットを決め、ガッツポーズする松山英樹。通算6アンダー=プランテーション・コース(共同)
写真を見る

 【カパルア(米ハワイ州)共同】米男子ゴルフのセントリー・チャンピオンズは5日、ハワイ州カパルアのプランテーション・コース(パー73)で第2ラウンドが行われ、7位スタートの松山英樹は6バーディー、3ボギーの70とスコアを伸ばしたが、通算6アンダー、140で首位と4打差の8位と一歩後退した。

 前日首位のマーク・リーシュマン(オーストラリア)と、68で回ったブライアン・ハーマン(米国)が通算10アンダーで首位に並び、1打差の3位にダスティン・ジョンソン(米国)がつけた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]