孔明ら参戦トヨタカップ4月5、6日 ゴルフ九州サーキット今季日程発表

吉村金八会長(左から2人目)をはじめ九州プロゴルフ研修会の役員メンバー(左から)草野忠重副会長(1人おいて)田丸洋介副会長、中島正裕事務局長
吉村金八会長(左から2人目)をはじめ九州プロゴルフ研修会の役員メンバー(左から)草野忠重副会長(1人おいて)田丸洋介副会長、中島正裕事務局長
写真を見る
昨年の「トヨタカップ」で優勝した蛭川隆
昨年の「トヨタカップ」で優勝した蛭川隆
写真を見る
写真を見る

 九州地区のトーナメントプロで構成される九州プロゴルフ研修会(会員202人)の今季の日程がこのほど発表された。主催競技の九州サーキットは例年通り5試合が予定されており、第2戦のトヨタカップ(西日本新聞社後援)は4月5、6日の2日間、福岡県宮若市のザ・クラシックゴルフ倶楽部(GC)で行われる。第20回の記念大会で賞金総額は前年の700万円から1000万円に、優勝賞金は150万円から200万円にそれぞれ増額される。

 昨年は鹿児島県霧島市出身の蛭川隆(21)のプロ初優勝で沸いたトヨタカップにはプロ100人、アマチュア70人の合計170人が出場予定。九州・沖縄勢では、2014年賞金王の小田孔明(39)をはじめ実力派から若手有望株まで続々とエントリーしており、昨季賞金ランキング11位の時松隆光(24)や同20位の稲森佑貴(23)らのプレーにも注目が集まる。なお、入場料は前売り券が各日共通で2000円、当日券が各日1500円(いずれも税込み)。

 昨年2月に急逝した故藤池昇龍氏に代わって就任した吉村金八会長(65)は「トヨタカップは九州地区で開催される大会でも注目度の高いトーナメント。強豪選手が難コースをどう攻略するのか、ギャラリーの皆さまに楽しんでいただけたら」と観戦を呼び掛けた。

 また、九州ゴルフ連盟主催の九州オープンは8月2日から4日間、鹿児島高牧カントリークラブ(CC)で開催される。

=2018/03/08付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]