ゴルフ川岸、蛭田ら4人に出場権 全米女子OPの日本最終予選

 出場権を獲得して笑顔を見せる(左から)川岸史果、蛭田みな美、高山佳小里、香妻琴乃=8日、大利根CC
出場権を獲得して笑顔を見せる(左から)川岸史果、蛭田みな美、高山佳小里、香妻琴乃=8日、大利根CC
写真を見る

 女子ゴルフのメジャー第2戦、全米女子オープン選手権(5月31日~6月3日・アラバマ州バーミングハム近郊)の日本地区最終予選は8日、茨城県大利根CCで68選手が参加して行われ、36ホールのストロークプレーで川岸史果、蛭田みな美、高山佳小里、香妻琴乃の上位4人が出場権を獲得した。

 川岸がトップの通算5アンダー、139で回った。1打差の2位に蛭田が続き、2アンダーの3位に高山、1アンダーの4位に香妻が入った。柏原明日架と葭葉ルミがイーブンパーの5位。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]