女子ゴルフ、来季2試合減 放送権一括管理で反発も

 記者会見で放送権について説明するLPGAの小林浩美会長=18日、東京都内のホテル
記者会見で放送権について説明するLPGAの小林浩美会長=18日、東京都内のホテル
写真を見る

 日本女子プロゴルフ協会(LPGA)は18日、来季ツアー日程を発表し、今年から2試合減の36戦、賞金総額は3336万円減の37億500万円となった。LPGAが放送権を一括管理することに一部の放送局が反発して撤退し、6年連続で過去最高を更新していた賞金総額が減額となった。

 財政基盤安定を狙うLPGAは、開幕までに放送権をインターネット配信事業会社に売りたい意向。女子ツアーはテレビ局の協賛で発展した経緯があり、これまでは大会の主催社などが放送権を持っていた。

 3月7日からのダイキン・オーキッド・レディース(沖縄県)で開幕する。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]