3連覇目指し九州学院発進

玉竜旗男子大会の開会式で選手宣誓する九州学院の梶谷彪雅主将(手前)
玉竜旗男子大会の開会式で選手宣誓する九州学院の梶谷彪雅主将(手前)
写真を見る

 史上3校目の3連覇を目指す九州学院が快勝で発進した。初戦の八王子実践(東京)との2回戦で先鋒の近藤祐世(3年)が5人抜き。それでも「1本を取るべきところで決めないと」と謙虚だった。

 2014、15年と2年連続で高校3冠を達成し、今春の全国選抜も制覇。開会式で選手宣誓した梶谷彪雅主将ら選手たちは全国の主要大会で負けを知らないが、米田敏朗監督は「(全九州大会決勝で破った)島原さんを追いかけます」と挑戦者の立場を強調した。

=2016/07/28付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]