九州学院が3連覇飾る 玉竜旗高校剣道男子

大将戦再延長の末、星子(九州学院・左)の胴が松崎(島原)に決まる
大将戦再延長の末、星子(九州学院・左)の胴が松崎(島原)に決まる
写真を見る
玉竜旗を囲み笑顔でガッツポーズする九州学院の選手たち=29日午後、マリンメッセ福岡
玉竜旗を囲み笑顔でガッツポーズする九州学院の選手たち=29日午後、マリンメッセ福岡
写真を見る

 「大会創設100周年記念 平成28(2016)年度玉竜旗高校剣道大会」は最終日の29日、福岡市博多区のマリンメッセ福岡で男子の5回戦から始まった。決勝で九州学院(熊本)が島原(長崎)を破り、3年連続8度目の優勝を飾った。

 決勝は大会史上初の3年連続同じ顔合わせ。序盤から五分の戦いとなり、最後は大将同士の一戦に。島原の松崎賢士郎(3年)が延長2回まで粘ったものの、九州学院の星子啓太(同)が胴を奪い優勝を決めた。 3位は福岡大大濠と東海大浦安(千葉)。九州勢は福岡第一、西日本短大付(福岡)、福岡舞鶴、東福岡が8強入り。福翔(同)、龍谷(佐賀)、鎮西(熊本)、阿蘇中央(同)、鹿児島商がベスト16に入った。

=2016/07/29 西日本新聞=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]