九学・岩切主将、宣誓で“被災支援に感謝”

玉竜旗男子開会式で選手宣誓する九州学院の岩切勇磨
玉竜旗男子開会式で選手宣誓する九州学院の岩切勇磨
写真を見る

 九州学院の岩切勇磨主将(3年)が男子開会式の選手宣誓で感動を呼んだ。昨年の熊本地震を「苦難は耐え難いものだったが、乗り越える道はあった。それは全国の皆さんの励ましや心遣いだった。その思いは今も私たちの心に朽ちることのない冠として刻み込まれている」と振り返り、九州豪雨に触れて「形あるものはいつか朽ち果てるが、人の思いや励まし、感謝の心、刻み込まれた記憶は永遠に存続する。新たな道の懸け橋となるよう、一戦一戦に魂を込め、感動、勇気、希望を与えるような試合をする」と誓った。初戦の2回戦は先鋒諸岡昭徳(同)の5人抜きで突破。大本命は心も万全に男子で史上初の4連覇に挑む。

=2017/07/28付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]