西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

上林、雄星から千金勝ち越し打「松田さんの熱い気持ちが伝わった」

7回2死三塁、右翼線に勝ち越しの適時二塁打を放ち、駆ける上林。ベンチも盛り上がる
7回2死三塁、右翼線に勝ち越しの適時二塁打を放ち、駆ける上林。ベンチも盛り上がる
写真を見る

 ◆西武-ソフトバンク(19日・メットライフドーム)

 ソフトバンクの上林が値千金の勝ち越しタイムリーを放った。1-1で迎えた7回2死三塁。打ちあぐねていた西武のエース菊池が投じた2球目、真ん中に入ってきた直球を見逃さなかった。4試合連続安打となる右翼線への適時二塁打に二塁ベース上で深くうなずいた。「(先発の)バンデンハークも頑張っていたし、(直前で)松田さんも三振したけど熱い気持ちが伝わって、その思いものせて打ちました」。試合前の時点で今季の西武戦はカード別で最高の打率3割8分1厘と好相性。出身地の埼玉県にある敵地で、売り出し中の成長株が躍動した。

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]