西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

デスパが柳田に応える先制打 死球に耐える姿に「何が何でもかえしたかった」

1回2死、死球を受ける柳田
1回2死、死球を受ける柳田
写真を見る
1回2死一、二塁、先制の左前適時打を放つデスパイネ
1回2死一、二塁、先制の左前適時打を放つデスパイネ
写真を見る

 ◆西武-ソフトバンク(20日・メットライフドーム)

 ソフトバンクのデスパイネが、痛みに耐えてプレーを続ける仲間の姿にバットで応えた。初回2死から、柳田が左腕に死球を受けて出塁し、続く内川の右前打でつくった2死一、二塁の好機。西武先発佐野の投じた、高めのチェンジアップを左前へ運ぶ先制適時打だ。「柳田の死球もあったし、何が何でも柳田をホームにかえしたかった」。自身は19日の同カードで、好機に村松三塁コーチと接触。インターフェア(守備妨害)を宣告されアウトとなり好機をつぶした。「何が起こったか分からなかった」という悔しさもさっそく晴らした。5回の第3打席は2死三塁で再び左前へタイムリーを放ち、この日2打点目をマークした。

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]