新助っ人ジェンセン、デビュー戦で同点弾 左翼席上段に豪快一発

5回2死、左翼席へ同点の1号ソロを放つジェンセン
5回2死、左翼席へ同点の1号ソロを放つジェンセン
写真を見る

 ◆ソフトバンク-ヤクルト(6日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの新外国人選手、ジェンセンがデビュー戦で来日初アーチを放った。この日1軍初昇格を果たし、8番一塁でスタメン出場。3回の第1打席こそヤクルト先発のブキャナンの前に3球三振に倒れたが、5回の第2打席で左翼席上段へ、同点の1号本塁打をたたき込んだ。「打ったのはストレート。高めの甘い球を1球で仕留められた。同点に追い付けて良かった」。出迎えた選手から祝福され、笑みをこぼした。

 今季ウエスタン・リーグで広島のバティスタに次ぐリーグ2位の10本塁打をマーク。そのバティスタは連日の代打弾でスポットライトを浴びているが、左投げ右打ちの異色の助っ人も負けじと、豪快弾で本拠地を沸かせた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]