西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

ホークス千賀まさかの7失点 今季ワーストタイ 防御率トップ争いから後退

3回1死一、二塁、楽天・ウィーラー(左)に30号3ランを浴び天を仰ぐ千賀
3回1死一、二塁、楽天・ウィーラー(左)に30号3ランを浴び天を仰ぐ千賀
写真を見る

 ◆ソフトバンク-楽天(25日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク先発の千賀が6回で降板した。今季ワーストタイの1試合7失点。今季初登板の4月4日、敵地楽天戦で喫して以来の大量失点になった。「立ち上がりからボールも高く、どうにか修正しようと思いましたが、最後まで修正できませんでした。こんな展開になってしまい、チームにも野手にも申し訳ないです」。初回に2四球などでピンチを招き2点二塁打を浴びると、2回も四球絡みで失点。3回はウィーラーに30号3ランを打たれた。6回を含め、4与四球がことごとく失点に結びつく悪循環だった。シーズン規定投球回(143)到達まであと6と迫ったが、防御率は試合前の2・20から2・56に悪化。リーグトップの菊池(西武)の2・00と大きな差がついた。

=2017/09/25 西日本スポーツ=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]