西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

ソフトB、2試合連続で初回先制 第2戦はたった5球の電光石火

1回1死二塁、先制の左前適時打を放つデスパイネ。投手・今永
1回1死二塁、先制の左前適時打を放つデスパイネ。投手・今永
写真を見る

◆日本シリーズ第2戦 ソフトバンク-DeNA(29日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクがわずか5球で先制した。第1戦の「7球の先制劇」をさらに短縮する電光石火の速攻ショー。2試合連続で初回の先制に成功した。先発東浜が初回のDeNA打線を3人で片付けると、その流れに乗ってタカ打線がアクセルを踏み込んだ。1番柳田が、DeNA先発今永の投じた初球の真っすぐを右前へ。今宮が初球に送りバントをきっちり決めて1死二塁。3番デスパイネが3球目の直球を左前へはじき返して、柳田が先制のホームへ滑り込んだ。「柳田ヒット→今宮犠打→デスパイネ適時打」と前日のVTRを見ているような攻撃にスタンドは一気に沸き返った。

=2017/10/29 西日本スポーツ=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]