西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

ソフトB松田「熱男」ならず ガッツポー…あっ、ファウル ビデオ判定でも不変

3回、左翼ポール際付近に飛んだ松田(3)の打球の方向を指す工藤監督
3回、左翼ポール際付近に飛んだ松田(3)の打球の方向を指す工藤監督
写真を見る

 ◆日本シリーズ第2戦 ソフトバンク-DeNA(29日・ヤフオクドーム)

 3回、ソフトバンク松田の打球を巡ってビデオ判定が行われた。

 1点リード、2死一、二塁の状況でDeNA今永のカーブをすくい上げ、左翼へ大飛球。左翼ポールのやや左へ切れたと見なされ、ファウルと判定された。

 打席から一塁へサイドステップしながら打球の行方を見守っていた松田。手を叩いて右手を突き上げ始めたタイミングで、審判の手が広がるのが見えた。ガッツポーズを決めきらないうちに右手の力をフッと抜き、苦笑いして舌をペロリ。

 工藤監督が審判団に求めた映像の確認が認められたが、判定は変わらずプレー再開となり、結局、左飛に倒れて追加点はならなかった。

=2017/10/29 西日本スポーツ=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]