西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

ソフトB左腕山田がヤクルトにトレード 11年日本シリーズでパ育成出身初星 「ファンの皆さまに感謝」

6月11日の阪神戦で白星を挙げたソフトバンク・山
6月11日の阪神戦で白星を挙げたソフトバンク・山
写真を見る

 ソフトバンクの山田大樹投手(29)がトレードでヤクルトへ移籍すると11日、両球団が発表した。

 山田は茨城・つくば秀英高から育成1位で2007年入団。10年に支配下選手登録されると、11年にはパ・リーグの育成出身投手で初めて日本シリーズで白星を挙げるなど、先発ローテの一角を担った。

 12年には規定投球回に到達したものの、その後は登板機会が減少。今季は2試合で1勝を挙げるにとどまった。1軍通算成績は70試合で24勝26敗、防御率3.42。

 今季2軍ではウエスタン・リーグ最多の10勝、同2位の防御率2.35をマークしながら、若手の台頭もあって来季構想から外れていた。今季セ・リーグ最下位のヤクルトは先発左腕が補強ポイントだった。

 山田がホークス球団を通じて発表したコメントは以下の通り。

「ホークスでの11年間は、僕の人生を大きく変えてくれました。育成から支配下へと上がり、ヤフオクドームで投げた初登板とお立ち台の情景は今でも鮮明に覚えています。リーグ優勝、日本一を経験できた事も僕の人生の中で大きな出来事ですし、日本シリーズで勝利投手になれた事は本当に嬉しかったです。また新天地で、更なる躍進を目指して野球に励んでいきたいと思います。福岡で沢山のファンの皆様に応援して頂いたこと本当に感謝しています。この強いホークスでやれた事を誇りに、行ってきます!」

=2017/11/11 西日本スポーツ=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]