西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

ソフトB斐紹が楽天西田と交換トレード「正直びっくり」ドラフト1位入団7年目

和田(左)とロッテ戦での完封勝利を喜ぶ斐紹=2016年4月20日
和田(左)とロッテ戦での完封勝利を喜ぶ斐紹=2016年4月20日
写真を見る

 ソフトバンク斐紹(山下斐紹)捕手(24)と楽天西田哲朗内野手(26)の1対1の交換トレードが成立し、11日、両球団から発表された。

 斐紹は千葉・習志野高からドラフト1位で2011年入団。16年に初の開幕スタメンを経験するなど自己最多13試合に出場したが、今季は同期の育成出身・甲斐の台頭もあり、出場1試合だった。通算成績は37試合で打率.250、0本塁打、1打点。

 西田は大阪・関大一高からドラフト2位で10年楽天入団。右投げ右打ちで遊撃のほか二塁、三塁もこなすユーティリティープレーヤーで、14年には自己最多131試合に出場し打率.273、7本塁打、41打点の成績を残した。その後は出場機会が減少し、今季は出場22試合。通算273試合で打率.224、9本塁打、53打点の成績を残している。

 斐紹がソフトバンク球団を通じて発表したコメントは以下の通り。

 「正直、トレードにはびっくりしていますが、ホークスでは1軍経験もできましたし、7年間お世話になった監督、コーチ、スタッフの皆さん、ファンの皆さんには感謝しかありません。イーグルスには細川(亨=前ソフトバンク)さんもいますので不安はありませんし、一からしっかりアピールしていきたいと思います。ユニホームは変わってしまいますが、ヤフオクドームで活躍している姿を福岡のファンの皆さんにもお見せすることができるように頑張りますので、今後とも応援よろしくお願い致します」

=2017/11/11 西日本スポーツ=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]