西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

稲葉J初安打はそっくりフォームのソフトB上林 ポストシーズンの悔しさ胸に

1回2死、上林が稲葉ジャパンの初安打となる中前打を放つ
1回2死、上林が稲葉ジャパンの初安打となる中前打を放つ
写真を見る

 ◆練習試合・日本ハム-侍ジャパン(12日・清武SOKKENスタジアム)

 稲葉ジャパンの初安打は、稲葉監督に打撃フォームがそっくりと言われる男が放った。

 初実戦となった日本ハム戦に3番右翼でスタメン出場した上林(ソフトバンク)が、初回2死走者なしで中前打。右腕吉田に対し、粘って8球目を仕留めた。

 プロ4年目の今季、レギュラーに定着し自己最多の13本塁打を放つなどリーグ優勝に貢献。一方で、クライマックスシリーズ中に出場選手登録を抹消され、日本シリーズ出場も第4戦の代打のみで、侍ジャパンでのアピールに燃えていた。

=2017/11/12 西日本スポーツ=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]