西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

ソフトB移籍の西田が会見 「ルーキーのような気持ちで」 キャンプ地で練習合流

三笠球団本部長(左)と入団会見する西田選手
三笠球団本部長(左)と入団会見する西田選手
写真を見る

 福岡ソフトバンクに楽天からトレードで移籍した西田哲朗内野手(26)が15日、秋季キャンプ地の宮崎市・生目の杜運動公園で入団会見を行い「日本一のチームでやれることに感謝(の思いで)いっぱい。ルーキーのような気持ちで、はい上がれるようにしたい」と決意を語った。背番号はトレードの相手、斐紹(山下斐紹)捕手(24)が付けていた22に決まった。

 西田は10年に楽天入りし、14年には131試合に出場するなど通算273試合で打率2割2分4厘、9本塁打、53打点。遊撃のほか二塁、三塁を守れる右打ちの野手は「走攻守でアピールしたい」と意気込み、会見後、全体練習に参加した。

=2017/11/15 西日本スポーツ=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]