侍・上林の押し出し四球などで7回に3点 台湾の左攻めの前には無安打も 右投手から仕事

7回1死満塁、右前適時打を放ちガッツポーズをする松本
7回1死満塁、右前適時打を放ちガッツポーズをする松本
写真を見る

 ◆アジアプロ野球チャンピオンシップ2017 台湾-日本(18日・東京ドーム)

 侍ジャパンの上林が7回に押し出し四球を選び、この回の3得点目の奪取に貢献した。

 松本の2点二塁打などで2点を奪い、なお2死満塁。最後は冷静に外角の真っすぐを見送った。

 上林は初戦の韓国戦で起死回生の同点3ランを放ったが、この日は台湾の左投手相手に苦戦。3打席連続で凡退していたが、右の救援投手となった第4打席で仕事を果たした。

=2017/11/18 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]