行列のできる好条件!?ソフトB中村晃、出来高で2億円到達も 初代理人に北村弁護士

代理人の北村晴男弁護士(右)とともに契約更改に臨み、年俸増でサインした中村晃
代理人の北村晴男弁護士(右)とともに契約更改に臨み、年俸増でサインした中村晃
写真を見る

 ソフトバンクの中村晃外野手(28)が25日、ヤフオクドーム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、2000万円アップの1億6000万円プラス出来高でサインした。初めて代理人を立て、北村晴男弁護士(61)を選任した。

 10年目の今季は2年連続の全143試合出場。成績は昨季に比べて伸び悩んだが、内川の離脱により柳田が4番に入ったことに伴う3番起用など、チーム事情に柔軟に対応した。代理人を立てた理由について「FA(取得時期)も近づいてきたし、どうしても出来高が取りたかった」と説明した。

 人気テレビ番組「行列のできる法律相談所」出演者としても知られる北村弁護士。日本ハム時代の武田久投手の代理人を務めた経験もある。今回は「ホークスの中でも出塁率が高い。それに(出場)試合数と、5年間継続して活躍していること。その3つがポイント」とアピールし、好条件を勝ち取った。出来高は9項目あり、クリアすれば、年俸と合わせ総額約2億円にもなるという。

 なお1億5000万円とみられていた今季年俸は、1億4000万円だった。(金額は推定)
=2017/12/25 西日本スポーツ=

 

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]